Indeedのビジネスモデルと競合|収益の仕組みを解説

Indeedのビジネスモデルと競合|収益の仕組みを解説

採用担当者の方であれば、もはや知らない人はいないまでになったIndeedですが、一般にも認知が広がり、転職活動にIndeedを利用する求職者が増えてきました。

そのユーザー数の多さ、掲載求人数の多さ、また広告費の安さから、採用担当者であればぜひ活用したい媒体の一つです。

これまでの求人媒体とは根本的に異なる仕組みを持ったIndeedを活用するには、まずはその仕組みをしっかり理解することが必要です。

今回は、Indeedのビジネスモデルについて解説をします。

Indeedがどのようなビジネスモデルで運用されているのかを説明した上で、同じような仕組みで運用されている競合の紹介を行います。

競合と比較してみることでより理解が深まると思いますので、是非、最後までお付き合いください。

Indeedのビジネスモデル

Indeedは求人のプラットホームであり、求人特化の検索エンジンとも言われています。

Indeedは全世界で膨大なユーザー数を抱えていますが、日本だけでも月間約2000万人以上のユーザーがいます。

Indeedは求人媒体の一つではありますが、従来の求人媒体とは根本的な異なる仕組みを持っています。

GoogleYahoo!と同じ、検索エンジンであり、求人に特化しているという特徴があります。

これまでの求人媒体では掲載料を支払うことで、求人広告を掲載していました。

当然のことではありますが、どれだけプレビュー数があって、応募がどれだけ集まるのかは掲載料に反映されません。

応募があっても、なくても一定の掲載料金がかかってしまいます。

これに対しIndeedは求人の掲載料は無料です。

掲載することにはお金はかかりません。

ただし、どの求人が検索上位に表示されるかはIndeedの独自のアルゴリズムにより決められており、無料で求人を掲載した場合は、どの程度の露出が見込めるのか分かりません。

そのため、検索上位に表示させるためには、有料枠で広告出稿をする必要があります。

ただし、これまでの求人サイトの様に、成果にかかわらず一定の掲載料を支払う必要はありません。

IndeedGoogleYahoo!のリスティング広告の様に、クリック課金型の広告を設定することが出来ます。

1クリックあたりの設定金額は、15円~999円で設定をすることが出来るため、その価格は一般的な求人サイトよりはるかに低く抑えることが出来ます。

★採用単価の計算例

1クリックあたり100円に設定 ※応募率1%の場合

クリック数:2,500クリック

応募数:25

採用数:1

応募単価:10,000

採用単価:250,000

某求人サイトに4週間掲載した場合、約30120万円かかるとのデータがあります。

このことから考えても、Indeedがいかに費用を安く抑えることが出来るかがお分かりいただけると思います。

一定の掲載料を支払う場合は、ページビュー数や応募数にかかわらず一定の金額を支払わなくてはなりません。

これに対しIndeedは一定の掲載料ではなく、クリック数に応じた広告費を支払うため、効果的に求職者に訴求することが出来ます。

求職者の検索キーワードに課金設定するしくみになっているため、興味のないユーザーにはそもそも表示されません。

広告費の無駄遣いを防ぐことができ、かつ求職者に効果的に訴求することが出来ます。

人材紹介業者と比べると成果報酬で年収の35%を支払うとなると、500万の人材で175万円の採用単価を支払うことになるため、Indeedを活用して採用単価を抑えることができる可能性は高いでしょう。

Indeedの競合他社

ここからは、Indeedと同じビジネスモデルでサービスを展開している競合他社の事例を紹介します。

Careerjet

キャリアジェット
キャリアジェット

Indeedと並ぶ求人検索エンジンの一つで、イギリスにあるCareerjet社が運営しています。世界90ヵ国以上、28言語に対応しており、日本版は20082月に開設されました。

Indeedは無料掲載が出来ますが、Careerjetには基本的に有料広告しか掲載されていません。

例外的に無料掲載されている求人もありますが、出稿側に選択権はなく、Careerjetがランダムに選定して出稿する仕組みです。

【運営会社】Careerjet Limited(イギリス)

【求人掲載数】100万件以上

【ユーザー数】

【料金】クリック単価:10円~ 最低入金額:10,000円~

求人ボックス
求人ボックス

 

株式会社カカクコムが2015年より運営する求人検索エンジンです。

20189月に月間利用者数が200万人に到達し、20192月には300万人を突破しています。

株式会社カカクコムは食べログなどの運営でも知られ、求人ボックスには食べログの店舗会員に向けたPR機能が設けられています。

求人掲載は無料で、有料掲載は人材会社や求人サイト運営会社のみ利用が出来ます。

【運営会社】株式会社カカクコム(日本)

【求人掲載数】97,204件(2019318日時点)

【ユーザー数】300万人(20192月時点)

【料金】クリック単価:25円~90円(有料枠は人材会社や求人サイト運営会社に限定)

出典:カカクコムWebサイト

スタンバイ

スタンバイ
スタンバイ

20155月にスタートした、株式会社ビズリーチが運営する求人検索エンジンです。

ビズリーチ社と言えば、転職サイトの運営でも知られています。

こちらの独自の仕組みとしては、スタンバイ内に求人ページを作ると、スタンバイとYahoo!しごと検索の2箇所に自動掲載されます。

【運営会社】株式会社ビズリーチ(日本)

【求人掲載数】

【ユーザー数】

【料金】無料

出典:スタンバイWebサイト

Simply Hired

Simply Hired
Simply Hired

2005年にアメリカでリリースされ、2014年には1,200万ドルの資金調達を行ったことで話題になりました。

2016年には株式会社リクルートホールディングスが一部資産を取得しています。

Indeedと同じリクルートが資産を保有していることもあり、Simply HiredIndeedの連携も図られている様ですが、詳しいことは明らかになっていません。

搭載されている「ジョブアラート機能」を活用することで、効率的に気になる求人の情報収集をすることができます。

【運営会社】株式会社リクルートホールディングス(日本)

【求人掲載数】

【ユーザー数】

【料金】

出典:リクルートワークス研究所

Jooble

Jooble
Jooble

イギリス領ヴァージン諸島に拠点を置く、Bestjoob Holdings Limitedが運営する求人検索エンジンです。

日本語対応が完全ではないため、分かりにくい点が多いのが難点です。

掲載料金は無料枠のベーシックトラフィック、有料枠のプレミアムトラフィック、一部有料枠のグッドトラフィックの3種類に分かれています。

Joobleに掲載するには、XMLフェードをjooble側に送信する必要があり、これは無料・有料にかかわらず必須となっています。

【運営会社】Bestjoob Holdings Limited(イギリス領ヴァージン諸島)

【求人掲載数】

【ユーザー数】3,000万/月

【料金】

出典:NKパートナーズWebサイト

キュウサク

Jooble
Jooble

サーチメディア株式会社が運営する、求人検索エンジンです。

キュウサクに求人を掲載するには、提携先の求人サイト「ワークゲート」を経由して申し込む必要があります。

有料広告は実施していないため、全て無料枠での掲載となります。

【運営会社】サーチメディア株式会社(日本)

【求人掲載数】

【ユーザー数】

【料金】

出典:キュウサクWebサイト

まとめ

今回は、Indeedのビジネスモデルについて、競合サービスとの比較を通して解説してきました。

いずれも独自の仕組みでWEB上の求人をクローリングして求人掲載を行い、掲載料は無料とする代わりに、リスティング広告の様なワンクリック課金型の仕組みを持っていることが分かりました。

有料枠の利用には制限を設けているものもありますが、基本的には広告出稿することで、検索上位に表示させることが出来る様になっています。

比較して分かるように、Indeedのユーザー数・求人掲載数は競合をはるかに引き離しており、他を圧倒していることが分かります。

質の高い応募者を多く獲得するためにも、Indeedの活用をしてみてはいかがでしょうか。

 

Indeedを導入する前に

Indeed求人広告を利用した場合、自社の求人の費用がいくらになるのかを無料でお見積もりいたします。 自社の現状の採用単価と比べてみてください。