Indeedへ自社サイト掲載連携方法|自社求人サイトを掲載できる仕組みや料金設定を解説

Indeedへ自社サイト掲載連携方法|自社求人サイトを掲載できる仕組みや料金設定を解説

最近、CMや電車の中つり広告でも目にする機会が増えたIndeedですが、企業の採用に関わっている方の中でも、Indeedに興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

Indeedは従来の求人サイトとは、根本的に異なる仕組みを有しています。

求人のプラットホームであり、求人に特化した検索エンジンという性質から、圧倒的なユーザー数を抱えており、その活用は今や自社採用を考える企業にとって、必要不可欠と言っても過言ではありません。

今回は自社サイトに掲載した求人情報を、Indeedに掲載連携する方法をご紹介します。

従来の採用活動は、求人サイトに独自の求人情報を作成して掲載し、求職者を集める方法が主流でした。

しかし、昨今の人手不足に加え、求職者の転職活動の方法が変化したことにより、従来の募集方法では、質の高い応募者を確保することが難しくなりつつあります。

かといって求める求職者の質を落としたとしても、エントリーの数すらなかなか集まらない…といったケースも珍しくありません。

これからの採用活動には「オウンドメディアリクルーティング」の考え方を取り入れていくことが必要です。

これについては後ほど詳しく解説をしますが、端的に言えば、これまでの受動的な採用活動から脱皮し、能動的な採用活動を行っていく必要があるということです。

そのためにもIndeedの活用は欠かせません。

今回の記事では、自社サイトの求人情報をそのままIndeedに掲載する仕組みの他、料金設定についても解説を行います。

是非最後まで読んでいただき、今後の採用活動に役立てて下さい。

Indeedはあらゆる求人ページのプラットフォーム

Indeedはこれまでの求人サイトとは異なり、【求人のプラットホーム】という性質を持っています。

従来の求人サイトの場合は、求人を掲載する際に独自のページを作成する必要があります。

これに対しIndeedは求人のプラットホームですから、WEB上に存在するありとあらゆる求人を情報収集(クローリング)し、掲載しています。

この仕組みは、GoogleやYahoo!の様な検索エンジンによく例えられますが、Indeedも検索エンジンと仕組みは同じです。

異なるのは求人に特化しているか否かという点で、言わばIndeedは「求人特化の検索エンジン」なのです。

Indeed検索画面例
Indeed検索画面例

上記の写真は検索した時の検索結果例ですが、その他の掲載方法と同じように自社サイトを掲載した場合にも、検索結果の一覧として職種名が表示された後ユーザーが各会社サイトに移動することができるようになっています。

このように従来の求人サイトとは一線を画す、画期的な仕組みを有したIndeed。

このクローリングされるという仕組みを上手く利用し、自社サイトの求人ページをそのままIndeedに掲載することが出来るのです。

自社サイトをクローリングされて掲載する方法

Indeedに求人を掲載するには、2つの方法があります。

一つは、直接Indeedに求人を作成して掲載する方法。もう一つは、自社の採用ページをIndeedにクローリングさせて掲載する方法です。

Indeedに直接求人を作成するには、まずIndeedに企業アカウントを作成する必要があります。

アカウントを登録後、求人の詳細や条件などを記入すると、求人を作成・掲載することができます。

自社サイトの求人ページをクローリングさせるには、以下のようにいくつかの条件がありますが、条件を満たせばIndeedにクローリングされ、掲載連携することができます。

  • 自社HPに採用ページが設置されている(他社運営サイトに掲載の求人情報はクローリングできません)
  • 求人情報が画像ではなくテキストで記載されている
  • 職種名がシンプルで明確に記載されている(キャッチや見出し、文章はNG)
  • 勤務地が市区町村レベル以下まで詳細に明記されている
  • 業務内容がひとつひとつ詳細まで明記されている
  • 応募方法が明記されている (応募フォームの場合は、他ドメインに遷移せず、同じドメイン下で応募完了まで行うことができる)
  • 1職種×1勤務地ごとに固有のURLが設置されている

Indeed内に求人を作成しなくても、自社サイトに求人掲載をする際にIndeedのクローリング条件を満たすように配慮しておけば、自動的にクローリングされますので手間はかかりません。

すでに自社サイトに採用ページがある、もしくは自社求人サイトをお持ちの企業様はこちらで掲載の可否をご確認いただけます。

掲載可否チェック

自社サイトを掲載するメリット

求人サイトへの求人掲載だけでは、優秀な人材は確保しにくくなっています。

それは少子高齢化、売り手市場…などの人材不足に加え、価値観の変化、求職者の転職活動の方法が変化したことも影響しています。

スマホやSNSの普及により、自分にとって必要な情報、信ぴょう性の高い情報を上手く選び出し、また自分にとって不要な情報を排除する方法に長けた求職者が増えました。

求人を掲載して応募が来るのを待つ、受動的な採用活動では、なかなか人材が確保できないのはこのためです。

この流れを受けて、求職者が求める情報を上手く発信して行く能動的な採用活動、オウンドメディアリクルーティングの考え方が注目されています。

求人サイトへの広告掲載に依存した採用方法から、自社サイトに求職者を呼び込む方法へと変化が求められているのです。

自社サイトに求職者を呼び込むメリットの一つとしては、会社の雰囲気や企業文化などを求職者に知ってもらうことが出来る点が挙げられます。

求職者が応募をする前に、しっかり企業の文化や雰囲気を知っておくことで、採用が決まって入社した後のミスマッチを防ぐことにつながり、結果として定着率も上がるメリットがあります。

また、求人サイトに掲載した場合フォーマットが決まっていますが、自社サイトはIndeedのクローリング条件さえ満たしていれば、自由な形式で作成をすることが出来ます。

この点を活かして、求職者により届きやすい形で、情報を訴求することが出来ます。

これまでは、自社サイトに求職者を呼び込む…と言っても、集客力に課題があり、呼び込むことが困難でした。

しかし、SEOに強いと言われるIndeedの活用により、自社サイトでも十分応募者を集める力を持てるようになりました。

先述した通り、Indeedは自社サイトに掲載した求人情報を、クローリングさせることでそのまま掲載連携することが出来ます。

自社サイトを掲載する料金

Indeedへの求人掲載は無料で行うことが出来ます。

これはIndeed内に求人を作成した場合も、自社サイトをクローリングさせて掲載した場合も変わらず無料です。

掲載そのものは無料ですが、アクセスを増やすために広告課金して露出を増やすことが出来ます。

Indeedで求人を閲覧する場合、ユーザーは求人検索窓からキーワードを入力し、検索を行います。

その検索結果に紐づいた求人が表示されるのですが、広告課金された求人は、検索上位に表示されやすくなりますので、ユーザーの目に留まりやすくなります。

この仕組みは、GoogleやYahoo!と同じと考えると分かりやすいでしょう。

一般的に求人サイトへ求人を掲載するのには、掲載料を支払う必要があります。

応募のあるなしにかかわらず、またアクセスが集まる、集まらないにかかわらず一定の掲載料を支払う仕組みです。

これに対しIndeedは基本的に掲載料は無料ですが、ユーザーが求人を閲覧するたびに、ワンクリックあたり〇円という設定で、広告課金することができます。

料金は15円~99円の間で設定することができ、日ごとの予算や、週ごとの予算を決めて運用することが可能です。

応募者を更に増やし、優秀な人材を採用するためにも、広告費をかけて上手く運用していくことが求められます。

 

まとめ

これまでに自社サイトに掲載した求人情報をIndeedにそのまま掲載する方法と、そのメリットについて解説してきました。

少子高齢化による労働人口の減少に加え、求職者の転職活動方法が変化したことから、従来の採用方法では採用まで結びつけるのが難しくなりつつあります。

このような背景から注目されているのが、オウンドメディアリクルーティングの考え方です。

求人を掲載し、応募を待つだけの従来の受動的な採用活動から、積極的に応募者にアプローチをしていく能動的な採用活動への転換が求められています。

そのためにもIndeedの活用は欠かせません。

これまで、自社の採用ページに求職者を集めることは、集客力の面で課題がありました。

これを解決につなげるのがIndeedです。

Indeedで自社の採用ページをクローリングさせて掲載連携することで、十分に自社の採用ページに求職者を集めることが可能になりました。

掲載連携だけであれば無料でも可能ですが、広告課金することで更に露出を増やし、求職者の目に留まる可能性を上げることで、より多くの応募者を集めることが可能です。

また、Indeedそのものの認知度も上がっており、求職者にとってもIndeedは転職活動に欠かせないものになりつつあります。

Indeedの活用を通して、より多くの応募者を集められるよう、まずは自社サイトの求人情報がクローリング条件を満たしているかどうか確認することから始めてみてはいかがでしょうか。

Indeed求人広告に関するご質問やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

Indeedを導入する前に

Indeed求人広告を利用した場合、自社の求人の費用がいくらになるのかを無料でお見積もりいたします。 自社の現状の採用単価と比べてみてください。