Indeed運用代行|インディード代理店による求人広告運用代行の内容とメリット

Indeed運用代行|インディード代理店による求人広告運用代行の内容とメリット

今回はIndeed(インディード)の運用代行についてご説明します。

従来の求人広告は運用をする必要は特になく、求人媒体に対して掲載費を支払う、もしくは採用情報を無料で掲載して人材を採用した時にのみ紹介手数料(成功報酬)を支払う人材紹介業者を利用することが一般的でした。

一方、Indeedはそういったこれまでの媒体と違い、求人の検索エンジンという仕組みの特性上、「運用」をすることが必要になります。

順を追って、Indeed広告がどのような仕組みで提供されていて、なぜ運用が必要なのか、運用とは何をすれば良いのか、運用代行を利用するメリットを一からご説明しますので、ぜひ参考にされてください。

 

Indeed広告とは

まずはIndeedの「運用」が何かを理解するために、Indeed広告の仕組みをご説明します。

Indeedは求人専用の検索エンジンです。

求職者はキーワードと勤務地を入力して求人を検索することができますが、基本的にあらゆる求人情報(会社採用ページ、タウンワークやDODAなどの求人サイトの求人情報、Indeedに直接掲載されている求人広告等)を検索して探すことができます。

その求職者が見る検索結果の目立つ位置(検索結果の上位表示等)に求人広告を表示させることができるのがIndeedスポンサー求人広告です。

グーグル等の総合検索エンジンで検索した際に、検索結果の上位に広告が表示されるのを見たことがある方はイメージがしやすいかと思います。

スポンサー求人広告の料金体系は「クリック単価制」という料金体系で、あらかじめチャージした予算から求人広告が1回クリックされるごとにクリック単価が予算から差し引かれて行くことになります。

では、なぜそのIndeed広告は運用することが必要なのかを説明していきます。

 

なぜ「運用」が必要なのか

上記のような検索と連動して広告が表示されるIndeed求人広告は、主に以下のようなことに気をつけて求人広告を配信する必要があります。

  • 誰に対して配信するのか
  • 予算やクリック単価の金額はどう算出するのか
  • 掲載方法は職種、採用ニーズに合っているか

まずどんな人材を採用したいのか、自社のターゲットの人材を定めます。

そしてその人材に検索してもらえるような仕事内容が伝わりやすい求人票を作成する必要がありますが、Indeed内で検索される(キーワード、勤務地等の情報)ような求人票にしましょう。

次に最も重要な要素の1つである、クリック単価の設定ですが、最適なクリック単価の金額の相場というのは募集する職種、雇用体系、勤務地、雇用条件、広告配信の時期等によって常に変わってきます。

クリック単価の設定金額は掲載順位を決める重要な要素の1つになっているため、最も効果のあるかつ高すぎないクリック単価を常に設定する必要があります。

自社の求人のクリック単価と応募率を知ることでいくらの広告費で応募を獲得することができるのか、想定することができます。

自社のクリック単価や応募率の相場はこちらから確認できますので、ぜひ参考にされてください。

 

運用代行の内容

Indeed広告を導入、運用するに際して、担当者は具体的にどのようなことを行う必要があるのかをご説明していきます。

1,掲載方法を選ぶ

Indeedは検索エンジンであるため、掲載の方法も以下の通り複数あります。

  1. 直接Indeed求人広告を掲載する
  2. 自社サイトの採用ページをIndeedのクローラーに読み込ませて掲載する
  3. XMLフィードを使って求人情報を送信して掲載する

職種によっては、どの掲載方法にするかで、応募率が変わってきます。

0.3%応募率が改善されるとすると毎月3000クリックされる求人だと9人応募が増えることになるため、非常に大切です。

Indeed掲載に対応している求人サイト作成システムを利用せずとも直接求人広告を掲載することにより、応募までのハードルが下がる(Indeedに登録している履歴書をそのまま送れる等の設定ができる)ため、応募率が上がることはよくあります。

まずは自社の職種はどの掲載方法が最適なのかを知りたい方はお問い合わせください。

2,求人票の設定

上記のIndeedに掲載した方法によって最も応募の集まる方法に調整する必要があります。

簡単な例を紹介すると、直接掲載した場合には応募率を高めるための機能として履歴書の添付を不要にして、Indeed場で完結する簡単な質問項目だけに答えてすぐに応募できる機能を使うことができます。

職種によりますが、ある程度幅広く応募を集めいたい求人に有効です。

自社サイトをクローリングによりIndeedに掲載している場合にも、Indeedと自社サイトを連携することにより、求職者がIndeedに登録している情報をそのままIndeed上から送信することができる機能等が使えるようになります。

求人票の設定に関しても、自社の職種や採用ニーズに合わせて最適な方法を選ぶようにしましょう。

3,求人票の運用、クリック単価の調節

Indeed求人広告の運用の中でもっとも大切な要素の1つがクリック単価の調節かと思います。

常に最適なクリック単価に調節することにより、 無駄に予算を消費することがなくなります。

最適な予算やクリック単価は職種や勤務地、時期等により変わりますが、大手の会社が予算を使い切るために入札し、クリック単価が高騰する時期には自社の求人票のクリック単価が高騰しないよう調整するなど、気をつけましょう。

クリック単価の金額は求人票の検索順位を決める重要な要素の一つですが、求職者の情報や求人票の内容等も大切です。

「Indeedで検索されやすいワード」がありますので、それを意識することでマッチ度の高い人材に検索されるかつ、比較的低いクリック単価でもアクセスを集めることが期待できます。

4,データをみて運用を改善

Indeedはグーグルのリスティング広告などと同様、運用型の広告であるため、データをみて運用することがもっtも大切です。

実際に応募率やクリック単価、検索順位といった各重要な指標が8割の成果しか出していないとすると最終的な結果は他社の求人票のパフォーマンス(応募単価や、採用単価)の50%ほどになってしまうこともよくあります。

Indeedならではの特徴を抑えながらデータをもとに運用する

 

運用代行サービスを使う効果とメリット

Indeedのパートナー企業(Indeed広告代理店)を利用してIndeed運用代行サービスを活用するメリットを説明します。

大きく分けて以下の2つです。

  • 求人広告の費用対効果が高くなる
  • 社内で必要な工数(時間)が削減できる

費用対効果の高さが期待できることに関しては上記で解説してきた通り、これまでの求人媒体よりも多くの施策や運用が必要になるため、ノウハウを持った運用のプロに任せることで結果が違ってきます。

また、運用を自社で行うにも何からしたら良いのか、Indeedの効果が出ないのは何か原因なのかといった部分に関しても、なかなかわからないことも多いかと思われます。

また、Indeedにかける時間に関しては、人事部で運用担当者を作り、Indeedに関して勉強した後にIndeed広告の運用業務を毎日行うとなると人事部の負荷が高くなってしまいます。

最低限の導入、運用をするだけでもIndeedの仕組みを学んで運用を実践するのに数十時間かかるとなると、その人件費がきになる企業様が多いのが現状です。

一般的な運用代行費は15%~30%ほどですが、月に15万円の予算であれば、約2万円〜4.5万円ほどが運用代行費になるので、「費用対効果の高さ+人件費の節約」を考えるとIndeed代理店の運用代行サービスは費用対効果が高いと思います。

ただ、近頃は人材採用はマーケティングだと言われるようになり、人事部にWebマーケッターやエンジニアを多数抱える企業様も多くなってきました。

そういった場合で、人事部に人材が豊富に居るかつ、社内で工数がかかるのは問題ない、という場合には自社でIndeed求人広告の運用をするのも良いかと思います。

 

  • 自社で運用する際の担当者の学習コスト、作業コスト
  • 同じ広告費当たりの費用対効果

の2点を考慮して、検討する

 

Indeedの使い方を聞く

Indeed求人広告は自社の採用ニーズによって使い方が全く異なる求人広告です。

求人検索エンジンであるIndeedを自社でどのように使いこなせば良いのか、まず知ることから始めてください。

適切な運用方針を定めることで、費用対効果を改善してくことができるのがIndeedの特徴ですので、現状お使いの求人サイトや人材紹介と比べて費用対効果が良くなることがほとんどです。

ぜひ一度話を聞いてみてください。

Indeedを導入する前に

Indeed求人広告を利用した場合、自社の求人の費用がいくらになるのかを無料でお見積もりいたします。 自社の現状の採用単価と比べてみてください。