Indeedの強み|インディードユーザー数や料金体系が価格破壊を起こしている理由

Indeedの強み|インディードユーザー数や料金体系が価格破壊を起こしている理由

ここでは最近話題のIndeedについてお伝えしてまいります。

特に他の採用手法と何が違うのか、具体的にIndeedの方が採用に適しているのはなぜなのか、と言う少し踏み込んだところまでお話しできればと考えています。

実際に他の採用手法との金額なども例として出してまいりますので、これまでIndeedを使ってこなかった方々は是非一読いただければと思います。

では順に説明してまいりますので、ご覧ください。

 

Indeedのユーザー数は世界一

まずはIndeedについて説明していきます。

Indeedは2004年にアメリカで立ち上がった求人検索エンジンです。

日本では2009年よりサービス開始をしております。

また2012年には人材業界最大手のリクルートホールディングスが株式買収を行い、傘下にしております。

求人検索エンジンと言われても、あまりピンとこないかもしれません。

求人検索サイトなどの求人広告を掲載するメディアではなく、Indeedは自社の検索サイトがあり、そこに表示させるべく、世界中の求人サイトや採用サイトをクローリングという手法を使って、表示させるサイトです。

またその検索結果として表示される為に、有料のスポンサード広告というサービスも展開しています。

これは求人サイトや採用サイトをお持ちの企業が、自社の採用サイトや求人サイトを優先的に求職者の目につく様に表示しやすくするために、サイト自体に課金をしていくサービスです。

有料とは言え、これまでの求人広告サイトの様な期間や金額が固定でのやり方ではなく、サイトへ1クリックされ、クリック者に表示されると課金される、クリック課金サービスです。

そのため、必要以上のコストをかけずに自社のサイトを表示させやすくする事ができる様になりました。

この有料スポンサード広告に関しては後ほど詳しく説明致します。

この様にこれまでの人材採用サイトとは一線を画しているのがIndeedです。

そのため、現在全世界での月間利用者数は2億人とも言われ、圧倒的なシェアを誇っています。

もちろん、日本でも月間利用者数が2300万人を超えるまでになりました。

業界最大手と言われているリクナビの月間利用者数が800万人ほどと言われていますので、いかにIndeedの利用者数が多いか、お分かり頂けるかと思います。

ではなぜIndeedがそこまで利用者に支持されているのか、という点に触れていきたいと思います。

まず、Indeedは企業も利用者も登録に一切費用がかかりません。

前段で少し触れましたが、有料スポンサード広告を利用しない限り、企業側にも一切費用がかからない仕組みになっています。

そのため、無料掲載だけで採用につながることも大いに考えられるかと思います。

もちろん、採用が難しい地域や職種によっては難しいこともあるかと思います。

しかしながら、これまで求人広告を掲載する、という行為は基本的に有料だったことを考えれば、採用活動に対して取り組みやすくなったと言えるのではないかと思います。

また登録方法も非常に簡単です。

メールアドレスさえあれば、Indeedへの登録は全て完了します。

また、Indeed上で企業サイトや求人サイトを作成することもできる為、これまで自社で採用サイトを持ってこなかった企業様から見れば、無料でここまで出来る事自体、画期的なサービスではないかと思います。

求職者側から見ても、企業サイトに実際に働いている従業員のレビューが掲載されている為、自身の応募につながる情報があるかどうかを容易に判別出来ると思います。

こういった様な利用者の立場を考えたサービスモデルになっている事によって、より多くのユーザーを集める事に成功しているのがIndeedなのです。

次にIndeedSEOに非常に強い事が挙げられます。

なぜSEOに強いのか、答えは簡単です。

  • 利用者数が多く満足度が高いのでGoogle等からの信頼がある
  • 求職者にとって有益な情報でサイトを構成されている
  • 有益な情報の量が圧倒的に多い

これに尽きると思います。

Indeedが利用者に支持をされている理由と重複する部分もありますが、そもそも利用者数が多い理由は利用者にとって使いやすい構造になっている事、情報が正確かつ量が豊富である事が理由ではないかと言われています。

以上の事からGoogleYahoo!といったインターネット検索サイトからも非常に高い評価を受けているのがIndeedなのです。

 

Indeedは人材採用市場で価格破壊を起こしている

さて、ここまではIndeedの紹介をしてまいりました。

本項では今Indeedが採用市場で価格破壊を起こしている現状について、詳しく説明してまいりたいと思います。

前項で説明した通り、Indeedは基本的に無料で利用する事ができます。

これは求人掲載する側から見ても非常に有益かと思います。

なぜならば、これまで求職者は無料でも企業側は掲載するだけで費用が発生する場合がほとんどだったからです。

とは言え、無料で採用に繋がらないケースもあるかと思います。

非常に採用が難しいと言われている、システムエンジニアの様な専門職や、レイヤーの高い職種、またそもそも利用者が少ない地域で採用活動を行う場合などは有料スポンサー広告を活用することをおすすめします。

では有料スポンサー広告は一体どんなサービスモデルで、料金体系はどうなっているのか、具体的な採用単価や求人媒体などと比較して説明してまいります。

前項でもお伝えしましたが、有料スポンサード広告はクリック課金です。

これは求人サイトに対して、1クリックあたりの金額を設定して、合致するキーワード検索をされた場合に求職者の目につきやすい箇所に表示されやすくすることを指しています。

この1クリックあたりの金額がIndeedでは15円~999円の範囲内で自由に決める事が出来ます。

実際にIndeedでの1クリック平均単価は、職種や雇用体系によりますが、正社員だと、大体50円~200円ほどと言われています。

この1クリック単価を1日当たりの上限金額、1ヶ月あたりの上限金額を設定する事が出来ますので、最初に設定した以上の金額が課金される事がないのが、一つ魅力ではないかと思います。

また始めるのもいつでも可能、やめるのもいつでも可能なので、必要な時に必要な分だけ課金する事が出来ます。

一般的な求人広告サイトの場合は、掲載する期間が予め決められており、例え採用活動が終わったとしても掲載されるケースがほとんどです。

しかしIndeedでは、採用活動が終われば求人の取り下げが可能になりますので、極力無駄を省く事が出来るのではないかと思います。

実際に例を出して採用単価を比較してみたいと思います。

もちろん、職種や地域によって差があるかと思いますので、あくまで参考程度にしていただけると幸いです。

1名採用予定の企業があります。この企業が実際にIndeedに掲載をし、有料スポンサー広告を活用した場合、下記の数式で仮説を立ててみます。

当てはめる数式として、クリック単価150円、応募率3%、書類選考通過率、面接通過率、内定承諾率を一般的な50%と仮定しています。

この辺りの数字に関しては自社の数字と当てはめてみてください。

1名採用2名内定4名面接8名書類選考900クリック=135.000

 という仮説が成り立ちます。

1名採用するにあたり、トータルコストして135,000円と非常に安価です。

では業界大手の他求人サイトではどうでしょうか。

金額にばらつきがあるものの、おおよそ30万円~150万円程度掲載費用がかかります。

またその他の採用手法として、人材紹介がありますが、こちらも採用手数料として想定理論年収の35%、金額にしておおよそ120万円~150万円が相場と言われていますから、いかにIndeedが安価に採用に繋がるかお分かり頂けると思います。

まとめ

如何でしたでしょうか。

他人材サイトと比較しても一目瞭然ではないかと思います。

Indeedを活用することで、採用コストを抑える事が可能になる可能性があります。

Indeedをまだ活用されてない方は、是非この機会に一度利用されてみることをおすすめします。

Indeedの導入等に関してはこちらからお問い合わせください。 

Indeedを導入する前に

Indeed求人広告を利用した場合、自社の求人の費用がいくらになるのかを無料でお見積もりいたします。 自社の現状の採用単価と比べてみてください。