Wonders × Indeed

(インディード)とは

Indeedは求人情報の検索エンジン

Indeedは求人専用の「検索エンジン」です。
「キーワード」+「勤務地」で求人を検索することができます。
求職者はIndeedでWeb上にあるあらゆる求人情報を検索できるため、複数の求人サイトを毎回行き来する必要がなくIndeed経由で求人を見つけることができます。
・アルバイトや中途採用の求人ポータルサイトの求人情報
・人材派遣、人材紹介業者が保有している求人情報
・会社ホームページの採用ページに記載されている求人情報
・Indeedに直接掲載されている求人情報
以上のような求人を一括でIndeedで検索することで、求職者は選択肢は大幅に増え、自分に合った仕事を探す時間も手間も省くことができます。

データで見るIndeed

Web上にあるあらゆる求人情報をまとめて一括で「検索」できるため、ユーザー(求職者)へのメリットが大きく、世界中で毎月2億人が利用しており、世界一のユーザー数を獲得するまでになりました。
日本国内でも毎月2000万人以上のユニークユーザー数を集めており、他の求人媒体と比べても圧倒的に求職者から支持、アクセスを集めています。
日本の労働人口が6700万人ほどと言われているため、約3人に1人がIndeedを毎月見ていることになります。
これまでの求人媒体とは比べ物にならないほど求職者にリーチできる求人媒体です。

Indeedに求人を掲載する

自社サイトをクローリング

Indeedのクローラーにより自社サイトの採用ページ、採用サイトの情報が自動で読み込まれて、Indeedに掲載されます。
Indeedから自社サイトに直接求職者を誘導するため、自社からのメッセージが伝わりやすくなり、欲しい人材とのマッチング率が上がることが期待できます。
クローリングでの掲載に関しては、勝手にクローリングされるまたは、クローリングを依頼する必要があります。
そのためには自社サイト採用ページもしくは自社採用サイトがIndeedのクローラーにクローリングされる条件を満たしている必要があります。

直接求人広告を掲載

Indeedに直接求人広告を掲載することができます。
直接求人広告を掲載することでIndeedのユーザー(求職者)がIndeed内から直接求人に応募することができる掲載方法です。
求人の内容を自社サイトのように表現することが難しい(写真、デザイン、動画等)ため、採用ニーズや自社の文化が伝わりにくいことがあります。
一方、求職者が他のサイトに移動せずに応募までできる点や、Indeed内に登録している履歴書をそのまま送れる設定等が充実しているため、応募数の増加が期待できます。

XMLの送信を行う

XMLとはExtensible Markup Languageの略で、マークアップ言語と呼ばれる言語で、特殊なタグを利用してデータをつくることが出来る言語です。
XMLフィードを用いて求人情報をIndeedに送信して掲載する方法は一般的に手間もかかり、技術的な問題もあるため、あまり使われません。
大量の求人を保有し、常に求人情報の変更をしたい求人ポータルサイトを保有している会社様や、人材紹介会社様が利用するケースがあります。

他の求人媒体に掲載した求人がIndeedに掲載されている

Indeedはあらゆる求人情報を集めるため、様々な求人サイトとパートナーになっており、国内では、ほとんどの主要な求人サイトの求人はIndeedで検索できるようになっています。
つまり求人サイトに自社の求人広告を掲載すると、その求人広告がIndeedに掲載されるケースがほとんどです。

Indeedは

企業ページ・企業レビュー(口コミ)

自社の採用ページを持っていない、もしくはIndeedに自社採用ページ、採用サイトが掲載できない場合があります。Indeedでは自社のオリジナル採用ページを作成することができます。
オリジナル採用ページでは企業ロゴ、写真の設定はもちろんのこと、テーマカラーや企業所在地の設定機能まで提供されています。
作成したオリジナル採用ページの専用URLを使い、企業SNS等でシェアすることもできます。
また、自動で作成されるHTMLコードを自社ウェブサイトに貼り付けるだけで、自社のウェブサイトにIndeedに掲載している求人のリストが表示させることができます。
これにより、Indeedで求人を一括で管理しながらIndeed、自社サイトの両方で求職者にアピールすることができます。
WordPressプラグインを使い、Indeedに掲載中の求人情報を自社のワードプレス サイトに自動的に表示することも可能です。

オリジナル採用ページ

自社の採用ページを持っていない、もしくはIndeedに自社採用ページ、採用サイトが掲載できない場合があります。
Indeedでは自社のオリジナル採用ページを作成することができます。
オリジナル採用ページでは企業ロゴ、写真の設定はもちろんのこと、テーマカラーや企業所在地の設定機能まで提供されています。
作成したオリジナル採用ページの専用URLを使い、企業SNS等でシェアすることもできます。
また、自動で作成されるHTMLコードを自社ウェブサイトに貼り付けるだけで、自社のウェブサイトにIndeedに掲載している求人のリストが表示させることができます。
これにより、Indeedで求人を一括で管理しながらIndeed、自社サイトの両方で求職者にアピールすることができます。
WordPressプラグインを使い、Indeedに掲載中の求人情報を自社のワードプレス サイトに自動的に表示することも可能です。

注目の企業枠

Indeedに訪れる数千万の求職者にアピールするために「注目の企業」枠を活用することができます。
1ページに表示される「注目の企業」は1企業のみで、最も目立つ位置に企業ブランド、求人広告を掲載することができます。
注目の企業枠の広告ユニットは求職者が貴社をIndeedで検索、もしくは貴社のスポンサー求人広告が表示された際に反映されます。
採用ニーズや予算に合わせて注目の企業広告ユニットを活用して、より効果的に求人へのアクセスを集めましょう。

Indeedの

クリック単価

Indeedはクリック単価制という料金体系を取っています。
クリック単価制とは自社の求人広告が1クリックされるごとに、一定のクリック単価(料金)を支払う仕組みになっています。
クリック単価の上限は自社で自由に設定することが可能で、変更も可能です。
求人の内容、採用ニーズ、勤務地、雇用条件、採用時期によって、最適なクリック単価を設定する必要があります。

広告予算

クリック単価と同様、採用したい人材を採用するための最適な予算もそれらの条件や、状況によって変わってきます。
予算の設定も自由にでき、予算が全て消費されると求人広告は自動的に停止される仕組みになっているため、自社の予算に合った使い方ができます。

掲載期間

Indeedは掲載期間に対する制限がありません。
採用ニーズが発生した時に掲載を開始して、採用が決定した時点で求人広告の停止を行うことができます。
予算を消費してしまう前に採用できた場合には、求人広告を停止して次の採用時に予算を回すことができます。
これまでの求人媒体では広告費を一括で払うことが多かったため、一定の広告費が無駄になることもありましたが、Indeedではより自由な予算の使い方ができるようになっています。

Indeed求人広告の

Indeedで最も大切なことの一つがIndeed求人広告の運用です。
Indeedは運用型の求人広告であるため、掲載した後の運用が重要です。
運用を行わずにただ課金をした場合、貴重な予算をただ垂れ流してしまい採用単価が高くなる、もしくは求人の配信の仕方が悪く、求職者とマッチせず時間だけがかかってしまうといったことになりえます。
求人広告の導入、運用は自社に適した方法で行う必要がありますが、導入する際の掲載方法の選定から 適切な予算の設定や、クリック単価の設定、求人票の改善等々を行う必要があります。Indeedでの求人開始から採用するまでに必要な作業には主に以下のようなものがあります。

Indeedの を活用

Indeedはその費用対効果の高さから、企業側が自社の求人を掲載する際に、非常に需要の高い求人サイトです。
費用対効果が高いのは、既にご説明したようなIndeedならではの仕組みがあるからですが、これまでの求人媒体のように掲載期間に対する掲載費を払う、もしくは人材紹介業のように掲載して採用した際に料金を払えば良いというものでもないため、Indeed求人を活用できていない企業様が多くいらっしゃいます。そこでIndeedの代理店の導入、運用代行サービスの活用をされてください。

貴社求人
掲載可否の確認

最適な
掲載方法のご案内

アカウント作成

Indeedでの
採用方法と
応募方法の設定

クリック単価の調整

効果的な
検索キーワードの
選定、改善

求人票の作成

採用サイト作成

レポートの共有

弊社Indeed求人サービスの

採用人数の規模や地域、雇用条件、職種、人材の採用難易度によって予算は様々

¥ 20万
  • 広告費16万円
      +運用代行費4万円
  • 小規模、低難度
¥ 50万
  • 広告費40万円
      +運用代行費10万円
  • 中規模、中難度
¥ 100万
  • 広告費80万円
      +運用代行費20万円
  • 大規模、高難度

予算をチャージしていただき、その予算の中からIndeed広告費と運用代行手数料として利用します。
チャージした金額の中から20%を運用手数料として頂戴いたします。
チャージする予算はIndeed広告の利用の際に、採用企業様との相談の上で自由に調整可能です(1チャージ最低20万円から)。

Indeed求人サービスのご質問やご相談、まずは話を聞くだけ等、なんでもお気軽にご相談ください。